キレると見せかけて寸止めでキレないシンカーのような怒り。


キレる高齢者が増えているという記事をちょっと前に見た。

生きることは怒ることだ。

だから、人間は怒ってはいけないのだ..
という私も怒ることがある..
のだから、キレることは仕方がないと思う..

が、キレるやり方が一辺倒ではツマらない。
進歩がない。
脳がない。
味気ない。

そのキレ方では解決してないから、
またキレることになるとも思う。

逆の発想や、
キレる方向、
キレる手段、
キレないというキレる表現、
キレると見せかけて寸止めでキレないシンカーのような怒り。

犬なら吠える、噛み付くことが
怒ることの表現でいい。

そんな犬を可愛いと思う。

可愛そうだとも思う。

シンプルの凄みも感じる。

しかし我々人間はキレる、怒る方法を
もっと進化させていかなければならないとも思うし、

生きること=怒ることから、
逃げ腰にならないよう、
震えても前に進む気概を持っていたいとも思う。

怒りを感じることから逃げてはマズいが、
感じたことをどう表現するかは、
その人というフィルターの価値だと思う。

怒りのエネルギーは貴重な資源だ。

枯渇させてはいけないと同時に、
どう生かしていくのかが人間の知恵の見せどころでしょう?

愛って幾らでしょう?

ヒデをパクってしまった..

この記事へのコメント