その腕に敬服。


昨日は友人が釣ってきたというシマアジをご馳走になった。

おいしかった。

高級魚らしく、普通は結構な値段がするらしい。


シマアジの他に太刀魚も釣れたらしく、天ぷらでいただいた。

友人がやっているお店で、調理してくれたというわけだ。


釣り好きの友人とお店をやっている友人がいると、こんなラッキーに巡り会える。

魚料理の合間に、野菜料理などもいただいた。


ナスをだし汁に漬け込み!?冷やしたもの!?が出てきた。

とてもおいしかった。

魚料理の合間のアクセントとして、申し分なかった。


大袈裟ではなく、ちょっと感動した。

それぐらいうまかった。

これを書いている今でもナスのおいしさを思い出す。


感動を与える..

容易なことではない。


ナスを料理しておいしくする友人の腕に敬服。

魚を釣ってきた友人の腕に敬服。

私を呼んでくれた友人の腕に敬服。

この記事へのコメント