地鳴りのような花火音。


どんより曇り夜のなか、花火大会をやっているようだ。

音だけが地鳴りのように曇り空に響いている。

なにかが破裂したような音。


凄まじい。

ベランダを開けてみても見えない。

音だけが物凄い迫力で響いている。


悪くない。

曇り空の湿気ムンムン♪のなかの花火大会。

窓を開けても見えない花火大会。


音だけが凄い花火大会。

悪くない。

逆にそういう状況のほうが好きなのかもしれない。


地鳴りのような花火音のなか、

救急車のピーポーが鳴り響く。


街は混乱しているようで、

実はこの混乱こそが日常なのかもしれない。


今は花火の轟音が全身に響くのが気持ちいい。

もっとやれ

もっとやれ

と思う。


でもいつかこの花火の音のなか、救急車に運ばれる前に..

この記事へのコメント