1番近い他人。


とある本で、1番近い他人は自分という文章で始まるものがある。

面白い表現だと思う。

人は自分を永遠に客観視できないからこそ、響く面白さがある。


自分を客観視している、その視点のなかにも自分の主観は多分に入ってる。

なので、それは極めて主観的なのかもしれない。


1番近い他人..と、冒頭でスパっと言い切れるその本の著者は一体、どこにいるのだろう?

自分のなかを冒険することは、ヘビが自分の尻尾を飲み込む状態によく陥る笑


それは変態性の浮遊感はあるかもしれないが、自然じゃない。

自然じゃないものは続かないし、楽しくないもの。


だからこそ、話しができる他人はとても大切だ。

わかりあえない他人でも、どこがどうわかりあえないとハッキリすることは有意義なことだ。

つまらない、憎しみあっている他人でも、その時は最悪かもしれないが、長い目でみればとても有意義だと思う。

と私は思う。








この記事へのコメント