非常に味気ない

友達と飲み食いしていた。 私も含めて3人いた。 友達の1人は、仕事が上手くいってないらしく、 仕事の上手くいかない話をしていた。 私はその友達と波長が合わず、話の内容にいまいちピンとこなかった。 話は聴こうとしているが入ってこない..そんな時があるだろう。 それでも、その友達がふと発した四字熟語 四面楚歌 は私のなかに残った。 というのも、私も上…

続きを読む

2年ほどで半分

トランプ氏の記事を読んだ。 トランプ氏はツイッター使いこなしているらしい。 公の場での意見表明などはないが、ツイッターでの露出度は高いらしい。 ツイッターでつぶやいて、身近な今の反応を見る、そこにさらにつぶやき、世論を扇動する.. 日本ではまず考えられない政治家のやり方でしょう。 ツイッターといえば、テレビでお笑い芸人やとある女性政治家の炎上商法はいかが…

続きを読む

テーマの小さい話

※小説の記憶は曖昧で、間違いがあるかもしれません。 思考の断片が、浮かんでは消え、記憶しては忘れ。 昔、狂ったように本を読んでいた時期がある。 小説家をカッコイイと思った私は、さっそく感化され、とりあえず小説を読み漁った。 確かにあの人のあの本は読んだけど、 内容を全く覚えてないものがある、と気づいた時、 虚しさに襲われる。 読むことに執着して、内容を味わう…

続きを読む